>> ホーム
  >> RSS1.0
Recent Posts

Monthly Archive

Category

Search this blog

Links

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 嘆願書 on the net
BBSのほうで、既にお知らせしましたが、Newsの更新が遅くなりました。
解散を発表してからすぐに、MansunのファンサイトMansuniteのSuziがファンの音源を聞きたいという声をまとめるため、ネット上にParlophoneへの嘆願書を出しました。
こちらからそのサイトに飛べます。

嘆願の内容については、以下の通りです。

『私達はMansunファンの集団で、Mansunの4枚目のスタジオアルバムのリリースを嘆願します。
バンドは、4枚目のアルバム用の全てではないかもしれませんが、 大部分を完成させていたにもかかわらず、2003年5月2日にバンドの終焉を発表しました。
バンドの賛同を得て、私達はどの様な形にせよ-出来ればCDか、MP3ファイルのダウンロードで、これらのレコーディングを聞きたいです。
私達は3年間の大半これらの曲を聴こうと待っていました。
バンドより2003年夏にニューアルバムの見込みがあったので、熱心にこだわっているのです。
2002年5月にバンドが新曲をプレイしたツアーでは、ファンの反応はとてもポジティブだったので、私達は完成した曲がリリースされればよく売れて、Mansunの歴史は高みへ向かうと信じています。
敬具 署名者』

ちなみに出来ている作品の権利に関して、Chadは個人的には法的なことは全く分からない、とコメントしてる様です。
スポンサーサイト
News | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2003/05/17(土) 08:20)

 解散
オフィシャルアナウンスメントが出ました。
Mansunは正式に解散を表明しました。
以下、オフィシャルアナウンスメントの訳です。

長く待たされてきたアナウンスメントはシンプルです。Mansunは活動を終えました。
バンドは3月の終わりに、それぞれの生活に進みたいと望み合意してこの結論に至り、グループの活動は終焉を迎えました。
バンドのスポークスマンは「8年近くを共にした後、Mansunは行き着く所まで行き、別の事をする時が来たと彼等は決心した」と言い、Mansunが解散したことを正式に認めました。
今日ギタリストのDominic Chadと解散について話し、彼は次の様に説明しました。
解散の裏には何も悪意はなく、完全に友好的だった。僕達は皆他のことが出来るようになりたかった。

それらのことが一体何なのか質問をすると、彼はまだ何もはっきりしたことはないとしか言えませんでした。
長年に渡るバンドへの支持についての話をすると、Chadは、バンドが「僕等に終始変わらずついて来てくれた多くのファン」に本当に感謝し、「このニュースがもたらすどんな失望にも申し訳なく思う」と明言しました。

Mansunの主役であるソングライターとリードシンガーのPaul Draperは、休暇を延長し戻る日が未定なのでコメントが出来ませんでした。ベースのStoveはスピードウェイレース(ミニモトレース)の仕事につき、ドラマーのAndie RathboneはChester近郊の彼の農場で家族を養っています。

Take It Easy Mansun


[解散]の続きを読む
News | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2003/05/02(金) 08:23)

copyright © 2005 Positive Insanity...news all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。